▲トップへ

東京都葛飾区青戸 お花茶屋「なかばやし歯科」

お口の悩みは口腔外科専門医のいる「なかばやし歯科」

HOME ≫ 診療内容 ≫

診療内容

診療科目・診療内容

口腔外科・歯科・小児歯科

診療内容

診療内容

口腔外科、むし歯、歯周病、入れ歯、被せものなどの各種健康保険診療。
インプラント、審美、ホワイトニング、マウスピース矯正などの各種健康保険外診療。


当院では高画質の CT、国際基準の滅菌器やコンピューター制御の注射器など新しい医療機器を導入しています。
より正確に、より安全に、より患者様に負担の少ない治療を心がけております。

また、一般歯科治療(むし歯治療、歯周病治療、義歯および被せ物などの治療)はもとより、通常であれば大きな病院に紹介されるような、病理組織検査・有病者歯科治療・粘膜疾患・腫瘍・口臭・口腔乾燥症・味覚障害・親知らずの抜歯・抜歯など口腔内の病気に幅広く対応しております。

※各種治療において、口腔内の歯肉の腫れや汚れ(歯石や歯垢)で、細菌数や刺激がコントロールできない・材料が接着しない・色が合わせられない・印象が取れないなど診療の妨げとなる場合があります。
その際は、口腔内の歯石除去などの治療が別途必要となります。健康保険では、歯石除去などの治療は、圧倒的に罹患率の高い歯周病治療に包括されております。
つきましては、必要に応じて健康保険の規則に則り、歯周病治療をおこなうことが御座います。

口腔外科

口腔外科

この領域には歯が原因となるものから癌までさまざまな疾患が発生します。また交通事故やスポーツなどの外傷、顎関節症ならびに唾液腺疾患などの外科的疾患のほかにも、口腔粘膜疾患、神経性疾患、口臭症、舌痛症などの内科的疾患も含まれます。
この領域の異常は、食事や発音・会話がうまくできないなどの機能的な障害に加えて審美的な障害も生じます。治療により口腔・顎・顔面全体の自然な形態や機能が回復すると、顔全体がいきいきとし、健康的な美しさを取り戻すことができます。そのお手伝いをするのが口腔外科です。

当院では、有病者(病気を持たれた方)の歯科治療・粘膜疾患検査や治療・腫瘍(できもの)切除・口腔乾燥症・親知らずの抜歯など口腔内の悩みに幅広く対応しております。粘膜疾患や腫瘍(できもの)の病理組織検査もしております。

有病者歯科

医学の進歩や文化の発達などに伴い、日常の歯科診療で全身的になんらかの配慮を必要とする基礎疾患を有した患者(いわゆる有病者)に対応することです。医学的知識の研鑽あるいは臨床に直結した全身管理をおこなうために、鳥取大学医学部附属病院麻酔科にて研修を受けています。

①お薬手帳を持っている場合は必ず持参し、治療前の問診時に見せてください。
②自分の病気について、病名を把握して、できれば現状について説明してください。
③最新の血液検査などのデータがあれば、主治医からもらい歯科医師に見せてください。
 
粘膜疾患検査や治療・良性腫瘍(できもの)切除
悪性腫瘍との鑑別をしっかり行いながら口内炎、扁平苔癬、白板症などの粘膜疾患や線維腫、乳頭腫、脂肪腫などの腫瘍に対する病理組織検査および治療をおこないます。
(悪性腫瘍の際は、提携病院へ紹介させて頂きます。)
 

う蝕(むし歯)・根管処置・義歯(入れ歯)

う蝕
レントゲンにて評価ののちに、虫歯菌に感染している歯質部分だけを除去するようにするために薬液(カリエスチェック)を用いています。カリエスチェックは削除すべきう蝕象牙質感染層のみ染色するう蝕検知液です。染色部すべてを削除することにより、感染層のとり残し・削りすぎを防げます。目診だけに頼った治療で起こりがちな、健康な歯質の削りすぎを防ぐことができます。(エナメル質に限局したう蝕などは、使用しないことがあります。)

根管内治療
まずは「できるだけ抜髄しない」「できるだけ歯髄を残す」方法を考えます。しかし、残念ながら最善を尽くしても歯痛が収まらなかったり、すでに受診時に歯髄(歯の痛みを感じる神経)に達している場合もあります。また、すでに一度根管治療をした歯に炎症が起きてしまう場合もあります。その際は、細菌感染を起こした神経(歯髄)や充填剤をかきだして取り、歯の中で繁殖した細菌を減らしていきます。平均4回程度、薬剤にて念入りに殺菌をし徐々に歯の根管中の細菌をできるだけ減らしてキレイにしていきます。症状が治まった段階でペースト状のMTAセメントをガッタパーチャ(ゴム状の詰め物)と充填します。MTA(Mineral Trioxide Aggregate)というセメントでその穴を封鎖すると、生体との親和性が失われた骨を再生を促す効果があります。
※薬剤交換回数は、あくまで目安です。

義歯(入れ歯)
当院では、万が一、歯が追加でなくなってしまった際に足しやすいような設計を心掛けております。
義歯は、研究用模型のための印象(型取り)→個々の口にあったトレー(うつわ)にて精密印象→かみ合わせの採得→試適(仮合わせ)→完成し装着となります。作製期間はおおよそ一か月程度かかります。
完成後も調整が必ず必要となります。理由としましては、食事等にて義歯を介して歯茎に負荷がかかることにより、歯茎が変化するためです。すり減ってかみ合わせが低くなった症例では、かみ合わせを適正にすることにより後方に下がることもあります。完成後からの調整も義歯の治療の一部です。
また、お口の中は常に加齢による変化しており、いったんは合っていたはずの入れ歯も徐々に合わなくなってしまうケースも少なくありません。一年に一度は定期検診でチェックを受け、調整する必要があります。

歯周病

歯周病は、歯を支えている骨の吸収を引き起こす病気で、糖尿病や高血圧と同様に治癒が見込みにくい生活習慣病です。歯周病は日本人の 80%以上がかかっていると言われています。
初期の段階ではほとんど自覚症状がなく、以下のような自覚症状が出たときには既に歯周病がかなり進行している事が多いのです。
気が付かないうちに症状が進行し、最悪、抜歯しなければならないこともよくあります。予防と早期の治療開始が大切で、継続的な口腔管理が不可欠です。

当院では定期的な歯石除去や徹底したクリーニングにより、一本でも多く、一日でも長くご自分の歯を守るよう、努力しています。
保険適用の治療にて、歯周組織再生剤(リグロス®)をもちいた歯周外科処置もおこなっております

歯周病は歯肉の炎症と歯を支えている骨の吸収を無症状に引き起こす病気で、自覚している以上に骨が吸収していることもあります。そのため、当院ではレントゲンにて骨の状態を評価しております。
初診時は歯周ポケット(歯と歯肉の境目の溝)検査、レントゲン検査、片側の歯石除去、指導などで4,000円くらいの一部負担金(自己負担割合3割前提)かかります。

歯周病の症状
●歯ぐきからの出血 ●口臭 ●口の中がネバネバする ●歯ぐきが腫れる
●歯ぐきが下がった ●歯がグラグラする

口臭

口臭

口臭には大きく分けて5つの種類があります。

 

予防歯科

予防歯科

歯と歯茎の健康に保つためには、毎日の歯磨きが基本です。しかし、磨いていても、磨けていないということは少なくありません。これは子供も大人も同じで、年齢を問わずクリーニング、歯みがき指導やフッ素塗布などを数カ月に一回程度、定期的に受けることが大切です。

学校保健で予防が浸透した子供のむし歯が減少したのに対して、特に大人のむし歯は増加傾向です。

高齢者において口腔内を清潔に保つことは、歯科治療や術前の良好な治療環境、歯と歯茎の健康や治療のアフターフォローのみならず、肺炎予防、糖尿病や腸内細菌など全身の健康に良い影響をもたらします。

当院では、口腔内を清潔にしてから治療を行い、治療がひと段落したのちは一人一人にあった予防を行い、口腔内の健康を保つことで一本でも多く、一日でも長くご自分の歯や歯茎を守るよう、努力しています。

保険外診療

インプラント

インプラント

歯を失ってしまった場合、義歯・ブリッジ・インプラントの3つの選択肢があります。
入れ歯はしたくない・よく噛めない。失った歯の両隣にある健康な歯を削るのに抵抗がある。当院では、このような方にインプラントをご紹介しております。

審美

審美

保険診療に、より「美」と「性能」をプラスした治療です。
より自然な色合い、より性能の高い材料などを用いた被せ物・金属床義歯・バネのない義歯など幅広く取り扱っております。
 

マウスピース矯正

マウスピース

マウスピース矯正は、目立つブラケット装置をつける必要がないため、治療中も矯正をしていることが人目につきません。取り外しができることもあり、お口を清潔に保ちやすいのもメリットです。歯並びの状態によってマウスピース矯正以外の方法が望ましいケースもあります。そのため、事前に細かく診査診断をします。どうしようか迷っているという方は、お気軽にご相談ください。

ホワイトニング

ホワイトニング

通常では落ちない歯の着色を薬剤によって白くする方法で、生活習慣や加齢による歯の着色の治療に適しています。
オフィスホワイトニングは短時間で効果が出るような施術方法のため、ホワイトニング剤が歯に深く浸透せず、色戻りを感じるまでの時間が短いとされています。
一方ホームホワイトニングは、じっくりと時間をかけて薬剤を浸透させていくため、オフィスホワイトニングに比べて色戻りまでの時間が長いようです。
またホワイトニング剤を深く浸透させていけることから、色が変化しにくい歯にもある程度の効果が期待できます。
そのため、当院では色戻りまでの時間が長いホームホワイトニングを提供しています。

先天的な原因や治療による着色・変色については、ラミネートべニアやセラミック治療をお奨めしています。
 

口臭測定

歯周病

実際に口臭を自覚され受診される方の相談内容は、”本当に口臭があるか否か”と”消化器や呼吸器疾患など疾患があるか否か”が圧倒的に多いです。当院では、口臭測定器を用いて客観的に”口臭があるか否か””周囲の人に影響を与える口臭のレベルか”を測定するとともに、口臭の原因が”歯垢や舌苔によるものか””歯周病によるものなのか””主に内蔵疾患によるものなのか”を鑑別していきます。

結果をもとに、生活上のアドバイス、口腔内の原因に対する治療や医科への紹介等をおこなって参ります。

注:口臭測定は健康保険の適応外とともに診断書の発行はいたしません。(検査結果は紙面にてお渡しいたします。)

また、口臭測定には正確に検査するための測定条件がございますので、測定条件を遵守して頂くとともに予約制となります。

〒125-0062 東京都葛飾区青戸4-12-12

【電話】 03-6657-7070
【診療時間】 午前 9:00~12:45/午後15:00~18:45
【休診】 木曜・日曜・祝日
※学会出席などにより、臨時休診となる場合もございます。

モバイルサイト

なかばやし歯科スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら